中古車の購入時に必ず確認しておきたいポイント

中古車購入をする場合に注意が必要となるのは、事故車を見分けることです。
現在、オークションなどでは修復歴があるかどうかの厳重な検査が行われますので、ここでの検査員の目を誤魔化すことはまず不可能であるため、オークションによる買い付けでの中古車の場合安心できるでしょう。

ただ、下取り車をそのまま転売するような場合、中古車販売業者が修復歴を見落とすことがあります。
とくに修理(整備や板金)を行わない販売のみを生業にする業者では修理跡を見抜くことのできない業者も多いです。

フレームに大きな損傷があるような場合、フレーム修正機の痕跡が残ります。
しかも、再塗装の痕跡もエンジンルームやドア内側などに残ります。
しかし、販売のみがメインである中古車店ではスタッフのスキルが低く修理の痕跡を見抜くことが出来ず、そのまま転売してしまうことがあります。
巧妙に修理をした後に転売にまわす悪徳業者もありますが、知識不足で事故車の販売をしてしまう業者も多いです。
ドアの内側やエンジンルーム内に、そこだけきれいに塗装されているというよなところが無いか、ヘッドライトの左右にアクリルの色の差が無いか、塗装面に反射する風景などにむらが無いか、などの点を念入りに確認して、不審な点があればディーラーなどで見てもらうことが重要です。

コメントは受け付けていません。